ワーママと朝活は好相性。自分の時間を取り戻そう!

ワーママ

仕事・家事・育児で毎日バタバタ。
忙しくて自分の時間が全然ない…
ワーママでもまとまった自由時間がほしいなぁ

この記事でわかること
  • ワーママが朝活をするメリット
  • ワーママの朝活の始めかた
  • ワーママの朝活スケジュール
  • ワーママの朝活の注意点

時間のないワーママには「朝活」が絶対おすすめ!

朝活はデキるビジネスマンや、意識高い系女子がやるものだと思っていませんか?

実は朝活はワーママととっても相性がいいんです!

早起きが苦手だった私ですが、育休復帰してからはずっと朝活を継続しています♪

朝活を始める前のわたしは、フルタイム勤務と家事育児で自分の時間がほとんどありませんでした。

わたしにとって、ひとりの自由な時間というのは何よりも大事。

なおみ

自分の時間がとれないと、ストレスが溜まる溜まる溜まるたまる・・・

しかし朝活を始めたことで、自分の時間を取り戻すことができたんです!

早朝の時間にブログを書いたり、読書をしたり。

自由な時間を過ごすことができています。

ワーママの朝活について解説していきますね。

目次

ワーママが朝活をする5つのメリット

朝活にはメリットがたくさん。

ワーママが朝活をするとこんないいことが♡

  1. 自分の時間ができる
  2. 元気いっぱいな状態で活動を始められる
  3. 寝かしつけがラク
  4. 効率よく家事ができる
  5. 朝の身支度に余裕ができる

順番に解説していきます。

①自分の時間ができる

さわやかな朝、おいしいカフェオレを飲みながら、ひとり時間を満喫できるのが最大のメリットです。

忙しいママはどうしても自分のことは後回しにしてしまいがち。

私の働いている部署では正社員女性の半数以上がワーママなのですが、全員が口を揃えて言います。

子どもを産む前は趣味があったけど今はムリだわ〜

自分の時間がないとストレスが溜まりますよね。

自分時間を確保でき、自分のやりたいことに使うことができたら、毎日がもっと楽しくなるはずです。

出産前に打ち込んでいた趣味、再開してみませんか?

家で楽しめる趣味を新しく見つけるのもいいですね。

②元気いっぱいな状態で活動を始められる

朝は睡眠により疲れがリセットされているため、心も体もすっきり。

さらに朝起きて日の光を浴びると、セロトニンが分泌されます。

「幸せホルモン」とも呼ばれるセロトニン。

意欲を促し、ポジティブな感情を湧き上がらせてくれます。

セロトニンの効果で夜よりもずっと意欲的、生産的にものごとに取り組むことができますよ。

ワーママは仕事、家事、育児などタスクが多すぎて、夜には体力も集中力も尽きてしまいます。

夜よりも朝のほうが、時間を有効に使えるんです。

なおみ

朝に活動するほうが効率がいい!

③寝かしつけがラク

朝早起きをするために、子供といっしょの時間に寝てしまいましょう。

寝かしつけのストレスから解放されますよ。

寝かしつけって子育ての大きなストレスのひとつ。

なおみ

うちの子は寝かしつけに1時間以上かかることもザラ

でもいっしょに寝てしまえばラク!

以前は子供を寝かしつけた後、ストレスから夜中に甘いものをついつい食べてしまっていたわたし。

しかし早く寝るようになったため、夜にお菓子を食べることがなくなりました。

ダイエットにもなっていいことだらけです♡

④効率よく家事ができる

子どもが寝ているうちに、効率よく家事を済ませることができます。

仕事からの帰宅後、

ママー!

ママーー!!

なんて呼ばれながら家事をするのって地味に大変です。

その都度中断されて効率が悪いです。

子供が寝ている早朝にパパッと短時間で片付けてしまいましょう。

「家事は朝にやる」と決めてしまえば、夜は親子のふれあいタイムにあてることができますね。

⑤朝の身支度に余裕ができる

朝早く起きれば、当然時間の余裕ができます。

個人的なおすすめは「自分の身支度に手間をかける」ことです。

こんなことありませんか?

  • 最近おしゃれをしていない
  • 会社と家の往復だけだからおしゃれしても意味ない
  • 子どもに汚されるからおしゃれな服は着られない
なおみ

ふだんの日でもおしゃれしてみて!

きちんとメイクをし、髪の毛をセットし、きれいな服を着ると、その日1日のテンションが全然違いますよ!

自分に自信を持つことができ、堂々と人前に出ることができます。

人はよくも悪くも外見からのイメージで人を判断することが多いです。

身なりをきちんと整えることで職場での信頼度もアップします。

ワーママの朝活 準備3ステップ

朝活を始めるための3ステップを解説していきます。

ステップ① 夫と相談

朝活のためには就寝時間、起床時間を通常よりも2〜3時間早めることになります。

そのぶん生活のズレが生じますので、夫の理解は必須です。

就寝時間を早めるぶん、その日にできない家事も出てくるかもしれません。

当日済ませる家事、翌朝行う予定の家事を話し合い、夫と分担しましょう。

なおみ

保育園の準備はやっておくから食器洗いをお願いね!

生活がずれるとコミュニケーションが少なくなり、夫婦間のズレも生じやすくなります。

できることならパパもいっしょに朝活に巻き込んでしまいましょう。

ステップ② 夕食の量は控えめに

夕食の量は少なめにします。

就寝時間が早いので、夕食をお腹いっぱい食べてしまうと胃にはまだ消化しきれなかった食べ物が残った状態で眠ることになります。

眠っている状態でも胃や腸の消化活動は行われるため、脳や体が休まらず良質な睡眠を取ることができません。

さらに翌朝の胃もたれにつながる可能性もあります。

食事の量を少なめにすると、翌朝スッキリ起きることができますよ。

なおみ

夕食の量を減らしたらダイエットにもなって一石二鳥♪
早く寝るからお腹が空かないよ!

ステップ③ 簡単な家事、翌日の準備は済ませておく

朝活の目的は自分時間の確保です。

できるだけ自分のために時間を使えるように、最低限の家事は済ませておきます。

なおみ

もし寝坊してしまったとしても困らない程度に、家事を済ませよう

ワーママの朝活 スケジュール

わたしの朝活スケジュールを紹介します。

わたしの朝活スケジュール

4:00 起床
4:00〜6:20 自分時間 趣味でも家事でもなんでもOK
6:20 自分の身支度、朝食準備
6:45 子ども、パパを起こす
6:50 朝食、子どもの身支度
7:50 家を出る
 ・
 ・
 ・
18:00 帰宅
18:30 夕食
19:30 おふろ
21:00 就寝

なんと、毎朝2時間以上も自由な時間を過ごすことができるんです♡

それも朝の元気いっぱいな状態で!

ご自身の環境や状況に合わせてスケジュールをカスタマイズしてみてくださいね。

なおみ

慣れないうちは、30分〜1時間ずつ就寝時間と起床時間を早めていこう

ワーママの朝活 注意点

朝活のメリットをたくさんお伝えしてきましたが、いいことばかりではありません。

朝活をするうえで注意しなければならないこともあります。

夫と生活リズムがずれる

就寝時間を早めると、夫との生活リズムが合わなくなります。

共働き夫婦にとって、子どもが寝たあとの1〜2時間というのは貴重なコミュニケーションタイム。

たわいのない雑談や子どもの話など、夫婦でゆっくり話ができるのはこの時間しかありません。

ふたりの時間を取れなくなるということは、夫婦関係に影響を及ぼす可能性も。

なおみ

夫とのコミュニケーションを意識的にとろう

ポイント

  • 食事の時間、休日にできるだけ夫婦間のコミュニケーションをとる
  • 夫といっしょに朝活をする

夕方に集中力が続かない

朝活をするということは行動を開始する時間を早めること。

そうすると夕方にはもうエネルギーが切れてしまうんですね。

集中力がなくなって仕事の生産性が落ちます。

なおみ

夕方になると頭が働かなくなることがあります

夕方以降まで働かなくてはならない職種には向かないかもしれません。

ポイント

仕事は午前中の生産性を高め、残業せずに帰るための工夫が大事!

どうしても早起きできないときはサプリに頼ろう

ワーママ

夜早く寝てるのに、どうしても朝起きられない!

なおみ

サプリに頼るのもアリだよ

ワーママ生活に疲れ切っている体を内側から元気にしてあげましょう。

ワーママには「すっぽん小町」がおすすめです。

すっぽん小町に含まれている栄養素

  • アミノ酸20種類
  • 天然コラーゲン

アミノ酸は元気でいるために必要な栄養素。

仕事・家事・育児に忙しいワーママほど、アミノ酸をたくさん消費してしまうんです。

すっぽん小町の口コミにはこんな声がたくさん

  • 朝スッキリ起きられるようになった
  • 元気になった
  • 鏡を見るのが楽しみになった

わたしも仕事復帰してからずっと飲み続けています。

毎日朝活をして、パワフルに動けるのはすっぽん小町のおかげかも。

定期購入で1日あたり85円です。

>>すっぽん小町

まとめ ワーママは朝活で自分時間を取り戻そう

ワーママが朝活をすることで得られるメリットを紹介しました。

  1. 自分の時間ができる
  2. 元気いっぱいな状態で活動を始められる
  3. 寝かしつけがラク
  4. 効率よく家事ができる
  5. 朝の身支度に余裕ができる

ワーママにとってメリットが多い朝活。

中でも自分の時間ができるというメリットはとても大きいのではないでしょうか。

自分の時間をもつことはとても大切です。

時間がないとイライラしてしまうこと、ありますよね。

ママがイライラしていたらそれが伝わって子どもも機嫌が悪くなる。

ママがニコニコしていたら子どももゴキゲン♡


自分自身を満たしてあげることが家族の幸せにもつながんです。

朝活で上手に自分時間をつくり、楽しいワーママライフを送ってくださいね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる