ゴールデンウィーク、ワーママにとっては地獄の1週間

ゴールデンウィーク ワーママ 疲れる

子どもを産んでからというものの、ゴールデンウィークはわたしにとって、1年でいちばん疲れる1週間。

とくに2022年のGWは、3連休と1日出勤を2回くり返すカレンダーですよね。

ゆっくり休める時間なんてほぼありません。

Golden WeekならぬGo to Hell(地獄) Week。

何が大変って、両方の実家への帰省

2022年GWのわが家のスケジュール

最初の3連休で夫の実家に帰省

→出勤(連休明けは死ぬほど多忙)

→次の3連休でわたしの実家に帰省

→出勤(連休明けは死ぬほど多忙…)

→土日

大量の荷物を持って子どもを抱えて帰省し、

両方の実家に気を遣い、
義母の話し相手、義姉の子どもの遊び相手、実家の親戚付き合い、勝手の違う家事、etc…

合間の出勤日は目の回るような忙しさで、トイレに行く時間すらない。

なおみ

もうクタクタの1週間💦

そもそもワーママにとって、土日も連休も「お休み」ではない。

「子育て」という24時間労働があるのみ。

そもそも、実家に帰省する必要ってある?

GW・お盆・正月は、孫の顔を見せに実家に帰らなきゃ!

みたいな風潮がありますが、正直にいうと、わたしにはこれが憂うつです。

「親が孫の顔を見たがっているから」

「連休は実家に帰るもの」

「育ててもらったんだから親孝行しないと」

世間の常識がそうだから。

みんなそうしてるから。

そういうものだから、自分もそうするべき。

「こうあるべき」みたいな思い込みにとらわれてると自分でも感じます。

とくに実家に帰りたいわけでもないのに。

なおみ

長女気質だから?

そりゃ帰れば、いろんな人と関われたり、自然と触れ合えたり(実家は超田舎)で子どもにとっていい経験ができるし、

やっぱり「親に孫の顔を見せることができてよかった」とは思います。

でもわたしと同じように、

本当は実家に帰るのがめんどくさい

と感じている人って、案外多いのではないでしょうか。

【本音】孫の顔を見たいのなら、親から会いにきてほしい

本音をいってしまうと、親がこちらに来てほしいと思ってます。

だって子連れ帰省って、本当に疲れる。

実家は勝手が違うし、必要なものはないし、子どもに触られたくないものが手の届く距離に置いてあるし。

だから荷物を大量に持って行かなきゃいけないし、気を遣ってしんどい。

子どもが4歳と2歳になったので多少マシになりましたが、赤ちゃんのころは本当に大変ですよね。

ミルク缶、哺乳瓶、離乳食、おむつをバッグに詰め込み、ビックリするほどの大荷物でした。

なおみ

こんな大変な思いをして帰省するくらいなら、自宅で自分のペースで過ごすほうがはるかに気ラク!

何より子どもの機嫌をとりながらの長距離移動ったらもう…😱

足腰が悪くて遠出が難しいならまだしも、まだまだ元気なんだから親からこちらに来てほしい。

宿泊はもちろんホテルでお願いします(小声)

なんて思ってしまうわたしは薄情でしょうか。

いや、それくらいGWはワーママにとって疲れるってことです。

この記事が役に立ったら、ポチッとお願いします♪

ゴールデンウィーク ワーママ 疲れる

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!