朝活

【朝活】すぐに実践できる!朝勉強の集中力を高める4つの方法

朝勉強の集中力を上げる
この記事はこんな方におすすめ
  • 朝はボーッとしてすぐに作業に取りかかれない
  • 朝活で勉強や読書をしたいのについついスマホを触ってしまう
  • 朝勉強をしても集中力が続かない

「早起きして資格の勉強をしよう」「スキルアップを目指そう」と誰もが一度は思ったことがあるはず。

でもいざ早起きすると、頭がボーッとしてすぐに勉強に取りかかれず、ついついスマホを触って時間が立っていた・・・なんてことはありませんか?

私は簿記の資格を取るために朝勉強を始めました。

簿記は計算問題が多いのですが、もともと私は文系だし朝は苦手。

寝起きのボーッとした状態で計算なんてできるの?と思っていました。

しかしこれから紹介する方法を実践したことによって朝5時からでもすぐに勉強に取り掛かれるようになりました。

朝、勉強の集中力を高める方法

①ルーティーン化する

朝起きてからの行動をあらかじめ決めてしまいます。

そして起きたら何も考えずに毎日その通りに行動します。

例えば私の朝のルーティーンは以下の通りです。

  1. 体重計に乗る
  2. コップ1杯のお茶を飲む
  3. カフェオレを作る
  4. 参考書を開く(本を開く、パソコンを開く)

寝起きのボーッとした状態でも、とりあえず決めたルーティーン通りに参考書を開くと「じゃあ始めようかな」と取り掛かることができますよ。

最初は難しいかもしれませんが、まずは決めたルーティーン通りにやってみてください。

就寝前のルーティーンとして、参考書やノートをデスクの上に置いておく(勉強するページを開いたまま)のも効果的です。

「何も考えずに勉強にとりかかれる状態」を作るのが大切だよ

②デスクの上に物を置かない

視界に入るものがごちゃごちゃしていると気が散りますし、集中力が削がれます。

私はダイニングテーブルで勉強をしていたのですが、テーブルの上には勉強に関する物以外はなるべく物を置かないようにしていました。

勉強する前は部屋もなるべくきれいに整理整頓するようにしています。

③正しい姿勢

メンタリストDaiGoさんの著書「自分を操る超集中力」によると、脳と姿勢には密接な関係があり、姿勢が悪いと集中力が続かないのだとか。

集中力が保てる姿勢とは?
  1. あごを引き、首をまっすぐにして頭をその上に載せる
  2. おしりと腰をまっすぐにして背中を伸ばす
  3. 膝をくっつけて足裏を地面にぺたんとつける

座った状態だと血行が悪くなるため、15分に1回立つと集中力が持続しやすいそうです。

また座っていると姿勢が崩れやすいので注意が必要です。

猫背になって胸が圧迫される
   ↓
呼吸が浅くなり酸素がスムーズに脳に届かなくなる
   ↓
本来の集中力が出せなくなる

朝は時間が限られているから、
できるだけ効率よく勉強したいね

④集中しやすい状態を知る

あなたは自分が勉強に集中できる状況、空間を知っていますか?

学生のころのテスト勉強、受験勉強のときどのような状況で勉強していたかを思い出してみてください。

どんな場所なら集中できるか?
  • 自宅か、図書館か、カフェか?
  • 音楽を流すか、流さないか?
  • 狭い部屋か、広い空間か?
  • ひとりか、友人といっしょか?

ひとりのほうが集中できるなぁ

音楽があると気が散るから
無音のほうがいいな

ひとりだとダラけちゃうから
誰かといっしょに勉強したいな

人によって違いますので、自分はどんな環境なら勉強しやすいだろう?と考えてみることは大事です。

自分が集中できる状態を知り、同じ状況を作ることで自然と集中状態に入ることができます。

まとめ 勉強するなら朝がいちばん

朝は勉強に向いている時間帯です。

頭がすっきりしているので知識のインプットに向いています。

朝の時間を最大効率で使ってスキルアップしていきましょう。