3歳児神話は本当にあるの?保育園に預けるのは子どもがかわいそう?

子どもが1歳になったから仕事復帰するけど、周りから「子どもがかわいそう」と言われる。
3歳児神話って本当にあるのかな?

共働きで親子のふれあいが少ない。
子どもの発達に影響がでないか心配。

なおみ

3歳児神話について解説するよ

この記事でわかること
  • 3歳児神話に根拠はない
  • 3歳児神話よりもたいせつなこと

「保育園に預けるなんて子どもがかわいそう」

「3歳までは母親が育てなきゃ」

子どもが1歳前後かそれ以前に仕事復帰したワーママなら、1度は言われたことがあるのではないでしょうか。

わたしも経験あります!

モヤモヤしますよね〜。

「3歳までは母親が家で子育てをしなければ、発達に悪影響を及ぼす」という3歳児神話。

わたしも気になって調べましたが、3歳児神話に根拠はないそうです。

あなたが周りの大人から心ない一言を言われて悩んでいたりモヤモヤしているなら、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

目次

保育園に預けるのは子どもがかわいそう?

わたしは3歳、1歳の子どもがおり、それぞれ1歳になった時点で仕事復帰しています。

そうすると周囲のおじさんおばさんから必ず言われる言葉。

こんな小さいうちから保育園に預けるなんて子どもがかわいそう

なおみ

・・・・・・
(モヤッ)

なんなんでしょうねー。

モヤモヤしますよね。

以下、わたしが実際に言われた言葉です。

わたしが実際に言われた言葉

「3歳まではママがそばにいなきゃ」

じゃあその間の生活費保証してくれますか?

うちの会社は子どもが2歳になるまでしか育休が取れないから退職しろってこと?

再就職の面倒見てくれるの?

「寂しいから指しゃぶりするんじゃない?」

なかなか指しゃぶりが直らない娘に対しておばさんから言われた言葉。

勝手な推測でわたしを間接的に責めるのはやめて。

「甘やかしすぎなんじゃない?」

機嫌が悪くずっと泣いている娘をなだめていたときに言われたひとこと。

ママが働いていて親子の時間が少ない罪悪感から、子どもの言いなりになっているのではと思われたようです。

「愛情が足りないんじゃないの?」

これも娘が機嫌が悪くてギャーギャー泣いているときに言われました。

なおみ

これが一番カチンとくる!

子どもって眠たいだけでも泣くのに、なんでそこまで言われなきゃいけないんでしょう。

3歳児神話は本当にあるの?

3歳児神話とは

「子どもが3歳になるまでは母親が家庭で子育てをしたほうがいい」という説。

そうでないと子どもの成長に悪影響を及ぼすと言われる。

3歳児神話は日本で広く言われ続けています。

しかしこの神話、真実なのでしょうか?

3歳児神話に根拠はない

3歳児神話はウソです。

1998年の厚生白書が「合理的な根拠は認められない」と明言しています。

母親が育児に専念することは歴史的に見て普遍的なものでもないし,たいていの育児は父親(男性)によっても遂行可能である。
また,母親と子どもの過度の密着はむしろ弊害を生んでいる,との指摘も強い。
欧米の研究でも,母子関係のみの強調は見直され,父親やその他の育児者などの役割にも目が向けられている。
三歳児神話には,少なくとも合理的な根拠は認められない。

厚生白書(平成10年版)より引用

また、アメリカでも1万人以上の子どもを調べた調査結果があります。

2014年に発表された調査結果

  • 2歳以前で母親が働いていても、5歳時点での学習能力や問題行動などで関連性は認められなかった
  • 母親の就労は発達において、メリットもデメリットもなかった
なおみ

ママが働いていることと子どもの発達とは関係ないってことだね

ママがそばにいないことよりも、子供の発達に影響がでるのはこんなことです。

  • ママの心の健康
  • 夫婦仲
  • 保育の質(保育園など)

大切なのは、安全な環境で愛情をもって育てられることなんだそうです。

ママじゃなくても、パパ、おじいちゃん、おばあちゃん、保育士さんなど。

複数の人からでも大丈夫なんだとか。

なおみ

周りの人からたくさん愛情をもらうことが大切なんだね

3歳児神話はなぜ広まったのか

3歳児神話が広まるきっかけになったのは、イギリスの精神医学者ボウルビィの報告書(1951年)。

ボウルビィの報告書

  • 孤児院などで乳児の心身の発達の遅れが多い要因を検討
  • 「母性的な養育が欠けていることが原因」と指摘

しかしこの報告書は母子の結びつきの大切さを主張しており、母親の就労を否定するものではありません。

それなのに「母親が家庭にいないのはよくない」という一面だけが強調され、広まってしまったようです。

当時の日本はパパが外で働き、ママが専業主婦という家庭が一般的。

そのため、この3歳児神話は世間に受け入れられやすかったのだと思われます。

専業主婦が一般的だったのは数十年間だけ

歴史的に見ても、母親が専業主婦であることが一般的だったのは戦後の数十年間だけです。

専業主婦が多くなったのは1950年代以降。

サラリーマンという働き方が一般的になってからです。

それまでの日本の主な産業は農業や漁業。

なかでも農業を営む家庭が圧倒的に多く、どこの家庭も共働きでした。

当時は今のように便利な機械はないので、農業はすべて手作業。

母親も貴重な労働力であり、毎日農作業をして働いていたんです。

なおみ

昔は共働きがあたりまえだったんだね

当時はおばあちゃんが子育てをしていたんだよ

戦前の日本では専業主婦でいられるのはごく限られた富裕層のみだったそうです。

日本で専業主婦家庭が一般的だったのは数十年間だけ。

その間につくられた「まちがった常識」が、共働き時代を生きるワーママを苦しめているんです。

3歳児神話が真実であることも

3歳までが大切な時期だということは事実でもあります。

人格形成にもっとも必要な「自己肯定感」を育むこと。

  • 自分は愛されている
  • 自分は必要な人間だ

と感じることができる心が根底にあるかどうかが大切なんです。

自己肯定感やポジティブ思考の人間は、失敗や挫折を恐れることなく、さまざまなことにチャレンジできますよね。

自己肯定感を根付かせるために、3歳までにやっておきたい

  • 周りの大人が愛情をもって接すること
  • 子どもの意志を尊重し、自信を持たせること
  • 人を信じる心を育むこと

ママが仕事で子どもと関わる時間が少なかったとしても、

  • スキンシップ
  • 食事のときの会話
  • 寝る前に絵本を読む

これらでしっかり愛情を伝えていくことが重要なんですね。

まとめ 3歳児神話はウソ!自信をもって働こう

小さな子どもをもつワーママを悩ませる3歳児神話。

実はまちがった認識から広がったものなんです。

子どもにとって大切なのは、家にママがいるかどうかではありません。

  • 周りの大人が愛情をもって接している
  • ママのメンタルが安定している
  • 夫婦仲がよく、安全な環境で生活できる

ということのほうが大事。

自分ができる範囲で子どもに愛情をもって接していれば、周囲の声を気にする必要はありません。

ママが生き生きと働いている姿を見せることは、子どもにとってもよい影響を与えるはず。

明日からも自信をもって働いていきましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる